便利なコミュニケーションツール「SNS」

>

企業も利用!SNSを利用したキャンペーン

著作権とは?

まず「著作権」とは一体なんでしょうか。
よく耳にはしますが、具体的にどのようなものが当てはまるのか曖昧な方も多くいます。
具体例を交えて、確認していきましょう。

音楽やイラストなどを著作物といい、それを創作した人を著作者、その著作者に法律によって与えられる権利を著作権といいます。

著作権は大きく2つに分けることが出来ます。
ひとつは、創作した著作者の人格を守る著作者人格権。
著作者の許可なく、作品を公開したり、アレンジをしてしまうことが侵害にあたります。
もうひとつは、財産権です。
無断でコピーした作品を商品として販売や貸与したり、SNS上で公開することも違法になります。
実際に逮捕事例も出ています。
画像や動画をアップロードする際は、著作者に許可を得たうえで公開するようにしましょう。

万が一著作権を侵害してしまったら

著作権を侵してしまった場合、どのような罰則が科せられるのでしょうか。
著作権の侵すことは法律上違反行為にあたるため、著作者から訴えられてしまった場合は、罰金の支払いが命じられるといったケースもあります。

刑事事件として告訴された場合、懲役10年以下の刑が下されることもあり、決して軽い罪ではありません。
またインターネットで、無料と表示されているからといって、その創作物に対して著作権が放棄されたわけではないので、使用する際には注意しましょう。

SNSのプロフィールアイコンとして、ブログの壁紙として利用したいと思った画像があった場合は、著作権を有している作者に許可を取るのが良いでしょう。

些細な出来事が大きなトラブルに発展することもあります。
インターネットを楽しく使うために、1人1人が正しい知識を学ぶことが大切ですね。


Share!
TOPへ戻る